RE-MT 176 [Incognito Janai]

+++Chapter 176「Depart Toward Asura Kingdom」

+++第百七十六話「アスラ王国へ出発」

Credit :

Translator : Cnine

Editor :

Proofreader :

Thank you very much to :

Trausti-san and sami-san for their generous donation.

WARNING!!!

THIS IS UNEDITED VERSION!!!

—-~~~~~~~~~~~

Summary till the last story : For te sake of battle againts Hitogami, Rudeus entering Orsted camp. His received 「Help Ariel in the cmpetition for the throne」 as his first duty. Rudeus succesfully persuading Pergius as his first move, they begin their journey toward Asura kingdom while being wary of the shadow of Hitogami.

前回までのあらすじ:ヒトガミに対抗するため、オルステッドの陣営についたルーデウス。 彼は最初の指令として「アリエルの王位争奪戦を手伝う」という任務を負う。最初の一手としてペルギウスの説得に成功したルーデウスは、ヒトガミの影に怯えつつ、アスラ王国へと旅立つ。

The member of the journey is eight person.

旅のメンバーは八名。
Ariel, Luke, Sylphy, Elmore, Kleene.

アリエル、ルーク、シルフィ、エルモア、クリーネ。
I, Ellis, and Ghyslaine was also added to this princess line-up.

この王女メンツに、俺とエリス、そしてギレーヌが加わる。
We’re using five horse for the journey in which two of them used for pulling a carriage.

使用するのは二頭引きの馬車が一つと、馬が五頭だ。
I don’t know that the preparation departure of the Ariel Anemoi Asura, the second princess of the great Asura Kingdom was so simple.

大国であるアスラ王国の第二王女であるアリエル・アネモイ・アスラの出立とは思えないほど、質素な旅支度であった。

Officially, we’re going back incognito.

表向きはお忍びでの帰国のため。
In reality, it was to hide our movement since we’re moving by using the forbidden transfer magic circle from the world.

その真実は禁忌である転移魔法陣による移動を世間に隠すためである。

But, despite travelling incognito, crowd of humans gathered at the entrance of the magic city Sharia.

しかし、お忍びであるにも関わらず、魔法都市シャリーアの入口には大勢の人間が押しかけていた。
From Student council officers to vice principal of magic university.

魔法大学の教頭に、生徒会の役員。
General manager of magic guild.

魔術ギルドの本部長。
Chief of magic tool shop.

魔導具工房の長。
The other are proxy of the noble’s, royalty of the Triumvirate, and something organization with pain-in-the-ass-long-name, one-by-one come to seeing Ariel off.

その他、何かの組織の長や魔法三大国の王族・貴族の代理人が、続々とアリエルを見送りにきたのだ。

Is this fellows even know the meaning of “incognito”?.

奴らはお忍びという言葉の意味をわかっているのだろうか。
It definately doenst include making a massive party.

大々的にパーティを開かないことを意味するのではないというのに。
…………. well, anyway they’re seeing us off was the fruit of Ariel effort.

……ま、なんにせよ見送りがあるのは、アリエルの努力の成果だ。

Orsted is powerful but, his connection is close to none.

オルステッドは強大だが、人とのつながりは薄い。
If it’s come to this, maybe the time for us to use our connection with them is surprisingly close.

となれば、いずれ彼らとのコネを使う時がくるかもしれない。
Bearing that in my mind, I also gave my greeting to them.

そう思い、俺も彼らへの挨拶を済ませておいた。

Well then, it’s time to depart.

さて、では出発だ。
For moving, we’re using transfer magic circle, horses, and carriage altogether.

移動には、転移魔法陣と馬、馬車を併用する。
We’re moving till air fortress using the carriage, then using transfer magic circle as it is while we’re inside the carriage, then we will be transferred to the nothern part of the upper haw of red dragon, ten continue going south as it is.

馬車で空中城塞まで行き、馬車に乗ったまま転移魔法陣を使用、赤龍の上顎の北部へと転移し、そのまま陸路で南下するのだ。

Pergius also installed magic circle so the carriage can enter the place.

ペルギウスも馬車が進入できる場所に魔法陣を設置してくれた。
Rather than going to that extent, just send Almanfi to Asura kingdom to draw the magic circle.

そこまでするなら、いっそアルマンフィをアスラ王国内に送り込み、魔法陣を書いて欲しい。
I try to say that but, amongst 13 person including Pergius, there’s no one that can draw transfer magic circle aside from two person.

なんて言ってみたのだが、ペルギウスを含む13人の内、転移魔法陣を描けるのは二人しかいないらしい。
The we’re Pergius Pergius and Sylvaril.

ペルギウスと、シルヴァリルだ。

Also, it doesn’t mean that transfer magic circle can be estabilished anywhere.

また、転移魔法陣はどこにでも設置できるというわけではないらしい。
The fortress moves according to a magic circle that reacts to Pergius’s magic, but it seems like there’s a certain condition to activate it.

空中城塞にある魔法陣はペルギウスの魔術によって動くが、受け皿となる魔法陣を起動させておくには、ある条件が必要になってくるらしい。
This so called condition is, mana.

その条件とは、すなわち魔力だ。
Long before, a genius completed something called transfer magic circle by using special characteristic of the place with thick density of mana, by absorbing mana from the surrounding, it created activation magic tool for semi-permanent magi formation.

かつて、転移魔法陣というものを作り上げた天才は、魔力濃度の濃い場所の特性を活かし、周囲から魔力を吸収して、半永久的に魔法陣を活性化させる魔道具を作り出した。
In short, transfer magic circle can’t be created aside from inside the place with dense amount of mana.

つまり、魔力濃度の濃い場所にしか、転移魔法陣は作れない。

Come to think of it, in the middle of dessert and the forest that the magic fomation that I used for moving to Vegarid continent maybe also due to that reason.

俺がベガリット大陸に赴く際に使った魔法陣が森や砂漠の奥にあったのは、そういう理由によるものだろう。

Naturally, with continous study of it, it’e reach the point where it can be activated by another means by installing magic crystal in it periodically.

もちろん、後の研究により、定期的に魔力結晶を取り付けることで活性化させておく事はできるようになった。
That was then become manual supplied magic formatoin due to the magic crystal.

魔力結晶による、手動供給型の魔法陣だ。
Because Asura kingdom have『Less Amount of Mana』, it seems that almost all of the magic circle was the manual type.

アスラ王国は『魔力濃度が薄い』ため、ほとんどの魔法陣がその形式だそうだ。
By installing the magic crystal during the emergency, and removing it when there’s no need for using it.

緊急時に魔力結晶を取り付けて、必要のない時ははずしておく。
The place where the magic crystal should be installed is then become a secret place except for few people.

魔力結晶を取り付けるべき場所は、限られた人間しかしらない。

Now, whether it is the manual type or auto type, all of it,, has been destroyed.

今回、破壊されたのは、魔力結晶を用いるタイプと用いないタイプ、全てだ。

The magic circle, the equipment, and the place.

場所と、装置と、魔法陣。
Without these three knowledge wecan’t create transfer magic circle.

三つの知識がなければ、転移魔法陣を作ることはできない。

Then, How Pergius intended to go to Asura royal palace?

では、どうやってペルギウスはアスラ王宮に来るつもりなのか。
Regarding that point, there’s no need for you to worry about that, I can’t tell you about it. と

いう点については、お前が気にする必要はない、と教えてくれなかった。
Since Ariel know about it, it seems I can expect something like a surprise entrance.

アリエルは知っているようなので、何かサプライズな登場をするつもりなのだろう。

ーーー

「AMAZING! IT’S REALLY AMAZING! Rudeus!   LOOK HERE!   THE TOWN LOOK LIKE A SPECK!」

「すごい! すごいわよ!ルーデウス! ほら見て! 町が豆粒みたい!

The moment we’re transferred to the air fortress, Ellis raise a surprised voice.

空中城塞へと転移した瞬間、エリスが喝采を上げた。
Jumping down from the horse then immediately looking below, she then starting to raise an astonishing voice when looking at the fortress.

馬を飛び降りて空を見下ろしたり、城を見上げて感嘆の声を上げ始めたのだ。
She really is in high spirit which made me can’t think of her as 20 years old woman, we can’t help but smiling wryly when looking at her.

とても二十歳の女性とは思えないほどのはしゃぎっぷりに、俺達は苦笑せざるを得なかった。
It’s really charming.

なんとも微笑ましい。

There’s someone who is happy with Ellis attitude.

そんなエリスの態度に上機嫌となった者もいる。
It was Sylvaril that was waiting for us in front of the magic circle.

魔法陣前に待機していたシルヴァリルだ。
She’s looking at Ellis from behind in high spirit, feel proud.

彼女ははしゃぎまくるエリスを見て、自慢気であった。
It’s to the point that I can feel that across her mask.

仮面越しにもわかるほどに。

「Were the scenery from the sky fortress, Chaos Breaker able to meet your satisfication? 」

「空中城塞ケィオスブレイカーからの風景は、お気に召していただけたでしょうか」
「It’s The Best! This is the first time for me! 」

「最高ね! こんなの初めてよ!

Sylvaril favourable impression toward Ellis is rising due to Ellis carefree smile.

エリスの屈託のない笑顔に、シルヴァリルのエリスに対する好感度が上昇していく。
It seems honest human is the best.

人間、素直であるという事が一番なのだろう。

「Is that so, I’m the first servant of Pergius-sama, my name is Sylvaril of the emptuness. I’m pleased to make your aqcuaintance, please also take care of me after this」

「そうですか、わたくしはペルギウス様の第一の僕、空虚のシルヴァリルと申します。 以後、お見知りおきを」
「I’m Ellis Grayrat! 」

「エリス・グレイラットよ!

It seems Ellis is already itching to go into the castle.

エリスは城の中に入りたくてウズウズしているようだった。
Sylvaril also somehow sensing that, while being vigilance with her surrounding, starting to guide us.

シルヴァリルもそれを察してか、嬉しそうに周囲を警戒しつつ、案内を始める。
We’re watching that with warm smile, followed them.

俺たちはそれを微笑ましく見守りながら、追従した。

In the mean time before the audiance, Sylvaril guide us while explaining about this and that to Ellis.

シルヴァリルがエリスにあれこれと説明しながら案内したのは、謁見の間だ。
We’re planned to to give our greeting toward Pergius before departing.

出発の前にペルギウスに挨拶をする予定なのだ。

「Come in」

「来たか」

Just like before, Pergius was sitting leisury on his chair surrounded his spirit.

ペルギウスは前と同じように、精霊に囲まれて椅子にふんぞり返っていた。
This time it’s only a greeting..

今回は挨拶のみ。
Right when Ariel was about to come forward and say something in a formal tone

という事でアリエルが前に出て、堅苦しい口上を口にしようとした時。
Ellis is unhestitantly come forward.

エリスがずいっと前に出た。

「Is there something you want to say?」

「なんだ、貴様は?

“SHUDDER”

ヒヤっとした。
The scene of Ellis tightly grasping her fist to hit Pergius floating in my mind.

俺の脳裏には、エリスが拳を握りしめてペルギウスに殴りかかる光景が浮かんでいた。
No matter how generous He is, he won’t be that generous when someone picking a fight in such grand manner.

いくらペルギウスとはいえ、堂々と真正面から喧嘩を売られては、寛大ではいられないだろう。
When I’m on the verge of hurriedly trying to stop her, Ellis suddenly kneeling on one knee.

俺が慌てて止めようとした所、エリスはサッと片膝をついた。

「This is the first time we meet. My name is Ellis Grayrat, I just become the wife of Rudeus Grayrat few days ago.     Pleased to make your acquaintances」[TL : she is speaking in humble manner this time, and ONLY in this time]

「お初にお目にかかります。 先日ルーデウスの妻となりました、エリス・グレイラットです。お見知りおきを」

I’m dumbfounded.

あっけに取られた。
Wait a minute, just now, who is the one that introducing herself in such humble manner? [TL : Ellis usually outspoken and a “wild child” type, so seeing her introducing herself in such humble manner is just like zeon discovering that Amuro gundam actually can fly]

ちょっとまって、今、そこで畏まっているのは、どこの誰?

「I’m Armored Dragon King, Pergius Dora. Ellis Grayrat. I heard that you, who is bestowed with sword king rank called 『Berserk Sword』 challanging Orsted to a duel.   」

「甲龍王ペルギウス・ドーラだ。エリス・グレイラット。 知っているぞ、剣王の位を拝領し、オルステッドに挑みかかった『狂剣王』だな
「I’m still inexperienced and lack of training however ……… 」

「いまだ未熟な身の上なれど……」
「Hou」

「ほう」

Though Ellis giving her bes to being humble, it’s just like she’s reading in monotone.

エリスが謙遜の言葉を発しているが、棒読みだ。
Could it be, she just memorizing everything.

もしかすると、丸暗記かもしれない。

「Ellis Grayrat. That attitude of yours is admirable, I like it」

「エリス・グレイラット。   貴様のその殊勝な態度、気に入った」

Pergius look delighted.

ペルギウスは嬉しそうだ。

「If that was the case, I also must offer my apologise to you. For one of my subordinate that attacked you 8 years ago」

「ならばこそ我も詫びよう。八年前、我が配下が貴様を襲ったことをな」

Ellis tilted her head while making a puzzled expression.

エリスは顔を上げ、訝しげな表情を作った。
That face is the kind of face that she already forgot about it.

あの顔は、覚えてないって顔だ。

「No need to worry about that!」

「気にしてないわ!
「Is that so ………. then, my gratitude」

「そうか……感謝しよう」

Pergius laughing a little then slovenly waving his hand.

ペルギウスはククッと笑い、ぞんざいに手を振った。
Ellis standing up, walking toward me with triumphant look plastered on her whole face.

エリスは立ち上がり、満面のドヤ顔で俺の方に歩いてきた。
It’s as if her face saying “Look I can at least do this much, right”.

これぐらい、やろうと思えば出来るんだからね、と言わんばかりの顔だ。
Maybe she’s doing a special training for it.

わざわざ練習していたのかもしれない。

Anyway, Pergius seems to like Ellis.

ともあれ、ペルギウスはエリスのことが気に入ったようだ。
His attitude is really different from when it was with me.

俺の時とは態度が違う。
As I thought, two-faced person won’t be liked by everyone.

やはり、裏表のない人間ってのは、皆に好かれるな。
It’s good to have a good relationship with others. [TLC : 仲良きことは良いことだ。]

仲良きことは良いことだ。

「Everyone, please come this way」

「皆様、こちらへどうぞ」

After Ariel gave her greeting, we’re leaving the audiance chamber following Sylvaril guidance.

アリエルが挨拶をした後、俺達はシルヴァリルの案内で、謁見の間を退出した。

The transfer magic circle was in a place where we must walking in a circle from where we’re leaving.

転移魔法陣は、俺たちが使用していた出入口から、ぐるりと回った所にあった。
Now, in the middle of the huge and deserted hall, the transfer magic circle is emitting a faint light.

今は何もない、ガランとした巨大な広間の奥で、転移魔法陣はほのかな光を放っていた。
Thought Sylvaril already explained this and that about this hall, it’s omitted.     その広間についてシルヴァリルがあれこれと説明していたが、割愛しよう。

Then we’re getting into the magic circle.

俺たちは魔法陣へと乗り込んだ。

Transfer magic circle was a relic from the past.

転移魔法陣先は、遺跡だった。
Ruin of the transfer magic circle.

転移魔法陣の遺跡だ。
It’s existed in the Vegarid continent as well as in the vicinity of the Ranoa kingdom.

ラノア王国の近くにもベガリット大陸にもあったヤツだな。

According to Orsted, there’s so many of such ruin, it seems it was used by various race to freely moving between continent.

オルステッドによると、昔はこうした遺跡がもっと大量に存在しており、さまざまな人種が大陸間の移動を自由にしていたらしい。
Though that was completely banned from being abused for a war.

それが、戦争で悪用されてからは全面的に禁止となった。
Thus the location is hidden, certain dragon race hate that, so they built a barrier in the ruin and use it for themself.

こうして隠されているのは、ある龍族がそれを嫌い、自分の使用していた遺跡に結界を張ったからだそうだ。
No matter which world it is, there’s always that kind of guys who goes againts the world like that, right.

どこの世界にも、自分の都合で世間に逆らう奴はいるものだね。
I have no intention to blame them, since thanks to that I can move easily.

そのおかげでこうして楽に移動できるのだから、責めるつもりは毛頭ないが。

The ruin was supposed to be inside dense forest.

遺跡は鬱蒼とした森の中にあった。
It was a little northwest of the valley called 『Upperjaw of Red Dragon』 according to the information that confirmed in the map before.

事前に地図で確認した情報によると『赤竜の上顎』と呼ばれる渓谷の、やや北西だ。

But, problem is about to happen in there.

しかし、そこで問題がおきかけた。
Though it was a good idea to teleport along with the carriage using transfer magic circle, the carriage can’t leave from the ruin.

転移魔法陣で馬車ごと転移したのはいいが、馬車が遺跡から出られなかったのだ。
Somehow with so many people, no one think about that ………………

これだけ何人もいて、そこを考えていなかったのか……。

Even while being shocked by the turn of even, the two attendant of Ariel starting to disassemble the carriage slowly.

そう呆れ掛けた所で、アリエルの従者二人が、おもむろに馬車を分解し始めた。

Thereupon the two attendant is disconnecting the carriage with their hands in practiced manner, then carried out from the ruin.

二人はなれた手つきで馬車をバラバラにすると、遺跡の外に運び出してしまった。

Though I tought that it was awfully small carriage, it turn out to be assemble type.

やけに小さい馬車だと思っていたが、組み立て式だったらしい。

From there, we’re packing the parts of the carriage on the horse then moving till the nearby highway.

そこから、馬に馬車のパーツを積んで、街道付近まで移動。

Then assembling the carriage in the nearby highway, in the blink of the eyes it’s already become carriage again.

街道付近で馬車を組み立てれば、あっという間に元通りだ。

Since it’s appear that it will get dark soon the time we’re arrived at the highway, that situation made us to camping for a night in the nearby highway.

街道に出る頃には日が暮れたので、街道付近でキャンプを張り一夜を明かす事となった。

「Fuuu ……..」

「ふぅ……」

We’re preparing our meal in the surrounding bonfire.

焚き火を囲み、飯の用意をする。

This place is surrounding by forest, so there’s no need to worry about food and firewood.

周囲に森のあるこの場所では、薪も食料も心配なかった。

Or should I say that we’re collecting it from the monster that attacked us in the forest.

というか、森の中で襲ってきた魔物から回収済みだ。

Beast type monster, Firewood(Trent), and some wild grasses as addition.

獣系の魔物と薪(トゥレント)、それに野草をいくつか。

But, Firewood(Trent) is really exist everywhere.

本当に薪(トゥレント)はどこにでもいるな。

I mean one of them is even sttle down at my house, maybe they will be the next ruler of this world.

俺の家にだって住み着いているぐらいだし、もしかするとこの世界の次の支配者はトゥレントかもしれない。

But, if it were in usual case where we sat on the ground, one of the attendant caried a carpet.

普段なら地面にそのまま座る所だが、従者の片方が絨毯を持ってきていた。

Should I say, as expected of the imperial princess party.

さすが王女御一行というべきか。

In charge of cooking is Sylphy and the two attendant.

i料理は従者二人とシルフィが担当していた。

Thought I was dismissed when I’m proposing to help them.

手伝いを申し出たが、やんわりと断られた。

Well, looking at Sylphy skill, I will only become a hindrance even if I help them.

まあ、シルフィの手際を見るに、俺が手伝っても邪魔になるだけか。

For the time being, I will leave since I was told to create tableware and cookware if there’s not enough. [TLC : 一応、食器や料理道具が足りないようなら作るから、とだけ伝えておいた。]

一応、食器や料理道具が足りないようなら作るから、とだけ伝えておいた。

I was getting bored in the middle of cooking.

料理の最中は手持ち無沙汰。

Though when I tought of looking to our surrounding, Ellis and Ghyslaine already standing as the sentry, it seems my turn won’t come soon.

ならば周囲の警戒をしようかとも思ったが、すでにエリスとギレーヌが歩哨に立っており、俺の出番はなさそうだ。

There isn’t anywork that I should do in this journey.

この旅では、俺のすべき仕事が無い。

Something like this is the first time for me.

こんな事は初めてだ。

This is never happens before, the time when I become a hindrance with various parties. not to mention travelling alone. [TLC : 一人で旅をして、各所のパーティにお邪魔してもらっていた頃にも経験した事がない。]

一人で旅をして、各所のパーティにお邪魔してもらっていた頃にも経験した事がない。

At that time, I who have the surplus of mana was a priceless treasure for handling the oddjobs.

あの頃は、魔力に余裕のある俺は便利な雑用として重宝された。

From creating tablewares till purifying water.

食器の製作から水の精製までだ。

There are only some peaople who can use magic, up till Here, it seems there’s nothing I can do at all.

魔術が使える従者が何人かいるだけで、ここまで俺の仕事は無くなるらしい。

Well, what should I do is to not giving a hand to princess Ariel. [TLC : most likely he’s talking to do a chore, not his main job or is there some other meaning—>ま、俺がやるべきはアリエル王女の世話ではない。]

ま、俺がやるべきはアリエル王女の世話ではない。

In battle against Hitogami, I must ascertain who is his apostle, then kill him.

ヒトガミと戦うことで、誰がヒトガミの使徒かを見極め、そいつを倒す事だ。

Currently in the list are Luke, Darius, and another one.

今の予想では、ルークと、ダリウスと、あと一人。

As for the candidates, it’s most likely North Emperor or Water God.

可能性として高いのは、北帝か水神。

I learning the way to dealing with them from Orsted.

それぞれの対処法はオルステッドに聞いている。

I’m doing many battle simulation in accordance with what taught to me in my brain, now it’s only left to implement it in actual combat.

俺は教わった通りに脳内で何度もシミュレーションして、実戦で試せばいい。

「……But still」

「……それにしても」

Looking at Luke while murmuring.

呟きつつルークを見る。

He stand close to Ariel wearing his splendid armor.

彼は立派な鎧姿で、アリエルのすぐ傍に立っていた。

That was the position in which he can immediately protecting Ariel when the time comes.

いざという時に、即座にアリエルを庇える立ち位置だ。

………….. Assuming that even if Luke is Hitogami aposle.

……もし、ルークが人神の使徒だとして。

I concluded that I still can’t think of killing him.

俺が彼を殺さないと判断したとして。

I wonder how Orsted plan to deal with him?.

オルステッドはルークをどうするつもりなのだろうか。

Luke regarding Ariel as his leader. [TLC : ルークはアリエルにとって重鎮だ。]

ルークはアリエルにとって重鎮だ。

If he can help the latter to become a king, maybe he’s a poor choice for Hitogami apostle. [TLC : 王になった後も助けになるというのなら、ヒトガミの使徒であるのはまずいのではないだろうか。]

王になった後も助けになるというのなら、ヒトガミの使徒であるのはまずいのではないだろうか。

Or not, in the future Asura Kingdom will help Orsted.

いや、アスラ王国がオルステッドの助けになるのは、将来的な話だ。

As for that matter, it seems Luke is already dead at that time.

という事は、その頃にはルークは死んでいるだろう。

That’s why he have no relation regading that.

だから、あまり関係が無いのか。

But, it somehow it seems there’s no meaning to it once Ariel who should become a king is dead.

でも、王になったアリエルがすぐに死んでしまったら意味が無いのではなかろうか。

No, most likely the event called 『Ariel Coronatio』 itself is the turning point.

いや、きっと『アリエルが王になる』というイベントが、そのまま転換点になるのだろう。

Or maybe the event called『First Prince Coronation』 is a flag of the bad end.

あるいは『第一王子が王になる』というイベントが、バッドエンドのフラグになるとか。

Uhmm ……….. nevertheless, should I ask once the next chance come?

うーむ……一応、次の機会にでも聞いておくか?

Though I don’t know whether or not I will get the answer.

教えてくれるかどうかはわからんが。

Orsted also didn’t teach me regarding the detailed plans for 100 years later.

オルステッドは100年後のことについては詳しく教えてくれない。

Though I did asked regarding the matter when Hitogami said 「The world will perish when I die」, but only get 「That’s just possibility」 in return.

ヒトガミが「自分が死ぬと世界が滅ぶ」と言っていた件についても聞いたが「その可能性もある」とだけ返された。

As long as Hitogami killed, what come after that seems to be trivial. [TLC : ヒトガミさえ殺せれば、後の世についてはどうでもよさそうな感じだった。]

ヒトガミさえ殺せれば、後の世についてはどうでもよさそうな感じだった。

Well, even if the world will be perished in the future, minding that far ahead problem is not for me.

まあ、将来的に世界が滅ぶのだとしても、俺にそこまで気にする余裕は無い。

That was because I must protect my family with everythin I have right now.

今は家族を守るので精一杯だ。

Though t seems irresponsible of me, it’s not my part to know that.

無責任だろうが、知ったこっちゃ無い。

The event of the future should be left to the person of the future. [TL : let them wash their ass on their own]

未来の出来事は、未来の人間が片をつけるべきなのだ。

But, will my descendant will give their help to Orsted knowing that it will cause『The World Pershed』.

でも、俺の子孫が『世界が滅ぶ』ことを承知でオルステッドに手を貸すのだろうか。

Will they lend their hands while they didn’t know about it?

知らずに、手を貸してしまうのだろうか。

If it was the latter, that was a little sad.

後者なら、ちと可愛そうだ。

Just in case, if it will come to that, maybe it’s better to leave behind a letter for that.

一応、その可能性がある、ということについても、文章で残しておいた方がいいかもしれないな。

「Rudy, the meal is done. Ellis and Ghyslaine too! 」

「ルディ、ご飯できたよ。 エリスとギレーヌも!

My train of thought was interupted with that words.

その言葉で、思考は中断された。

Well, it seems I should write it in the diary later after returned from Asura kingdom.

まあ、アスラ王国から帰ってきた後にでも、日記は書くべきだろう。

I tended to forget about such things.

忘れっぽいしな。

The dinner was delicious.

夕食は美味しかった。

Or should I say, as expected of Sylphy.

さすがシルフィというべきか。

Or could it be that the two attendant is also amazing cook.

それとも従者二人もすごいのか。

In this situation too without proper ingrendients, just how come they made something so delicious to this level.

食材も満足にない状態で、よくもまぁ、ここまでうまく作れるものだ。

Now, I told that this is the free time.

今度、暇があれば教わっておくか。

That evening.

夜。

Only Ariel that using the tent, the rest of us is keeping a watch in turn.

アリエルのみがテントを使い、残りは交代で見張りをする。

The watch-keeping is two person as one set.

見張りは二人一組。

Though when Ariel is removed, we left with 7 person.

とはいえ、アリエルを除けば7人だ。

Some time slot amounted with three man’s team for a little while.

少しだけ三人一組となる時間帯がある。

During that time, one person patrolling in the surrounding.

その時は、一名が周囲の見回りをする。

Me, Sylphy, Ellis, ans Ghyslaine.

俺、シルフィ、エリス、ギレーヌ。

Assessing by our skill, we can deal with the monster alone.

能力的に見て、一人で魔物を打倒しうる者だ。

「I will going for patrolling the surrounding」

「周囲の見回りをしてきます」

The first day is my turn to keeping a watch.

初日は俺の番だ。

I tell that to the other and left the bonfire[camp].

俺は他の者に一言告げると、焚き火から離れた。

My destination is deep in the forest.

向かう先は森の奥。

The surrounding is total darkness, only the torch in my hand that become the source of light.

周囲は真っ暗闇で、手に持つ松明だけが明かりとなる。

Although, I know that there’s no monster in this area.

もっとも、俺はこの周辺に魔物がいないことを知っている。

Though I don’t have any intention to be careless, I’m still pretty vigilance.

油断するつもりはないが、警戒はそこそこだ。

「…………」

And, after walking for about 5 minutes.

そうして五分ほど歩いたか。

I guess that I’m already separated far enough from the bonfire.

焚き火から十分に離れたあたり。

Suddenly from the darkness, “that” person appeared.

暗がりから唐突に、ソイツが現れた。

Silver hair and sanpaku of the golden eyes.

銀髪金目の三白眼。

that man frightening face like a demon was floating in the darkness.

悪魔のような恐ろしい顔をした男が、暗闇の中に浮かんでいたのだ。

「Hyiiii!」

「ひっ!

I unintentionally letting out a shriek and dropped the torch.

思わず悲鳴が出て、松明を取り落としかけた。

「Haa ………. excuse my impoliteness.     Thank you very much.     Orsted-sama」

「ハッ……失礼。 お疲れ様です。オルステッド様」

「Ah」

「ああ」

Despite I gave my greeting, I sat on the root of the nearby tree.

俺は挨拶をしつつ、近くの木の根に座った。

And Orsted too sit down on the root of the tree right in front of me.

オルステッドもまた、俺と向かい側の木の根に腰を下ろす。

Orsted is following us from behind.

オルステッドは、俺たちを追尾している。

About that matter, it seems Pergius also aware about that.

その事は、ペルギウスも知っているだろう。

maybe he used the magic circle.

魔法陣は使っただろうし。

just like this, we will meet in the regular interval during journey.

そんな彼と旅の間は、こうして定時連絡を取るのだ。

Since too many meeting will also raise a suspicion, it then become once every few days.

あまり頻繁に連絡を取っても怪しまれるので、数日に一度。

It was only during the night watch patrol.

見回りの番の時だけだ。

「How is it?」

「どうだ?

「Luke movement isn’t particularly suspicious. The journey also safe and sound」

「ルークに特に怪しい動きはありません。   旅も順調です」

And that’s all for regular report.

と、定時連絡を済ませる。

There’s nothing particular that I should say for the first day.

初日だし、特に言うべきことはない。

Orsted also didn’t expect something beside that, there’s no need to pursuing that matter further. [TLC : オルステッドもそれについては期待していなかったようで、追求して何かを聞いてくることはなかった。]

オルステッドもそれについては期待していなかったようで、追求して何かを聞いてくることはなかった。

「I see.   Nothing will be happen for a while」

「そうか。 しばらくは何もあるまい」

「Ha」

「はっ」

「However, be careful with your surrounding when you left upper jaw of red dragon」

「ただ、赤竜の上顎を抜けたあたりでは注意しろ」

「Haha~」

. 「ははっ」

Upper jaw of red dragon.

赤竜の上顎。

Being separated due to red dragon mountain range, the valley connecting between Asura kingdom and north land.

赤竜山脈によって隔てられた、アスラ王国と北方大地を繋ぐ谷だ。

The straight road of the valley is big enough for two carriage to pass by each other.

大きな馬車がすれ違える広さを持つ、一本道の谷。

By the way, the place where I was killed by Orsted before is around the lower jaw of red dragon.

ちなみに、かつて俺がオルステッドに殺されかけたのは、赤竜の下顎となる。

Ahead when we leave this valley is a big forest.

この谷を抜けた先には、大きな森がある。

It was a famous forest even in Asura kingdom.

アスラ王国でも有名な森だ。

The name of this forest is『Beard of red dragon』.

その森には『赤竜の顎ヒゲ』という名前がある。

But, many called it including upperjaw of red dragon and the valley in the north. [TLC : not sure about this one —>だが、その北にある渓谷とひっくるめて赤竜の上顎と呼ばれる事が多い。]

だが、その北にある渓谷とひっくるめて赤竜の上顎と呼ばれる事が多い。

For the time being, though that place can be said as part of Asura kingdom, the national border of Asura kingdom is in the southern part of the forest.

一応、そこもアスラ王国の一部なのだが、アスラ王国の国境は森より南にある。

The appearance of something like closing the southern part of th fores is a rampart that built similiar to great wall of china, hundreds soldier is stationed within it.

森の南側を塞ぐような形で、万里の長城のような城壁が作られており、何百という兵士が在中しているのだ。

it’s to make sure that there’s no monster will crossing to the south side, also as preparation for the invasion from north.

魔物を南側に行かせないようにするため、北からの侵攻に備えるため。

There are various reason.

理由はさまざまだ。

And the most important one is.

そして重要なポイント。

Because this deep forest is occassionally utilized for disposal of important figure.

この深い森は、要人を始末する時によく用いられる場所なのだ。

It’s outside of the country borders, there’s also no eyewitness that will be entering the forest.

国外であり、森に入ってしまえば目撃者もいない。

Inside the forest is strong monster also, band of thief are dominating the north and south fork. [TL : it seems he means that north area and south area of the akaryuu no hige is dominated by thief band]

森の中には、強力な魔物や、南北を股をかける盗賊団も跋扈している。

It’s the most suitable place for disposing someone.

人知れず、誰かを始末するには、うってつけの場所だ。

In that case, if Darius is following the advice of Hitogami, it seems he’s going to launch a raid by then.

もし、ダリウスが、ヒトガミより助言を受けていたならば、そこで襲撃を掛けてくるだろう。

Anyway, dispatching soldiers to the north from upper jaw of red dragon can be considered as interfering with foreign country affair. [TLC : なにせ、赤竜の上顎より北に兵士を派遣するのは他国との干渉になりうる。]

なにせ、赤竜の上顎より北に兵士を派遣するのは他国との干渉になりうる。

If it was after passing the south barrier, the event called raid on the princess of Asura kingdom will become a news.

関所よりも南だと、アスラ王国内で王女が襲われたという事件はニュースになる。

Certainly for both side, it will become a minus for Darius depending on the situation.

双方とも、状況次第ではダリウスにとってマイナスとなる。

Thus, they will commencing their first raid here.

ゆえに、最初に仕掛けてくるのは、ここ。

if it was this place, he can get rid of Ariel with very few risk.

ここなら、一番リスクが少なく、アリエルを始末できる。

Orsted was guessing that.  オルステッドはそう睨んでいた。

「Then, it will be settled as planned before」

「では、予定通りという事で」

「Yes」

「ああ」

If there’s a raid, I can suggest a dangerous route to use in the highway.

襲撃があれば、街道を通るルートの危険性を示唆できる。

Since passing the highway as it is is dangerous, I will ask them to go through different route.

このまま街道を通るのは危険だから、別ルートを通りましょう。

Then taking the direction of the thief band of Tris in order to run into her. [TLC : と、流れるようにトリスのいる盗賊団と渡りを付ける方向へと持っていける。]

と、流れるようにトリスのいる盗賊団と渡りを付ける方向へと持っていける。

If there’s no raid, then Orsted will be the one that playing the villain.

襲撃が無ければ、その時はオルステッドが動く。

The so called role-play.

自作自演だ。

For that sake, we’re preparing magic crystal and drawing scroll of summon magic circle beforehand.

そのために、あらかじめ召喚魔法陣の描かれたスクロールと、魔力結晶を用意してある。

We’re going to summon a beast since it seems it will disturbing someone since there’s no monster in this area, we’re also prepared an explanation for that. [TLC : 召喚獣がこのあたりの魔物ではないから何者かの妨害だろう、という言い訳も用意してある。]

召喚獣がこのあたりの魔物ではないから何者かの妨害だろう、という言い訳も用意してある。

Everything is already planned.

すべて、予定通りだ。

「In case you meet a raid, The North Emperor Auber Corvett will most likely come along, beware of that fellow」

「襲撃があった場合、北帝オーベール・コルベットが出てくる可能性が高い、奴には気をつけろ」

「Yes. that’s also just as planned」

はい。それも予定通りで」

「……Ah」

「……ああ」

Supposing that Asura kingdom employing the north emperor and the water god.

もしアスラ王国が北帝と水神を雇い入れているなら。

Orsted predicted that most probably they will dispatching north emperor, As for the person in charge of the raid.

襲撃者として、北帝を派遣する可能性が高い、オルステッドはそう見ていた。

Because the swordman called Auber is the most suitable for this kind of mission.

オーベールという剣士は、そういった仕事が得意なのだそうだ。

The eccentric swordman befitting of north god style. [TLC : 北神流を体言するかのような奇抜な剣士。]

北神流を体言するかのような奇抜な剣士。

From garments to hairdo, till the way he reaching to fight someone, all of that is eccentric.

服装から髪型、戦い方に至るまで、すべてが奇抜。

The genius of surprise attack.

奇襲の申し子。

That was the 『Peacock Sword』Auber Corvette.

『孔雀剣』オーベール・コルベット。

Concerning the possibility of fighting him or water god, Ellis also said the prior.

彼や水神と戦う可能性については、事前にエリスにも伝えてある。

I heard that Ellis learnt swordmanship from Auber and Reida for a while.

エリスは一時期、オーベールやレイダに剣術を習っていたそうだしな。

I’m sure that fighting her teacher is painful. [Tl : Change the context a bit]

師と戦うのは、さぞや辛かろう。

That was what I think but, she said 「That’s right, I’m itching to fight them !」 was her answer while folding her hands. 」.

そう思ったのだが、彼女は「そう、腕が鳴るわね!と腕を組んで答えただけだった。

Somehow, those two person didn’t built a relationship with her like Ghyslaine.

二人とは、ギレーヌのような関係を築けなかったのだろうか。

I mean, Ellis didn’t have something like friend in the holy land of sword. [-_-‘]

ていうかエリス、剣の聖地に友達とかいなかったんだろうか。

I’m a little worried.

ちょっと心配だ。

「I’m worried」

「心配だな」

「About what? 」

「何がですか?

「About you」

「お前だ」

「…………」

「When you say that before the battle, you seems optimistic」

「戦いを前にしているというのに、楽観的に見える」

Optimistic.

楽観的。

Is that so?.

そうだろうか。

maybe he’s right.

そうかもしれない。

However, I already made the preparation.

とはいえ、準備はした。

I also already told the way to deal with everything.

対処法についても、聞いた。

Though Auber might not come, I already simulating any situation that might be come. [TLC : not sure about the last one—.オーベールがくるとは限らないが、何通りかのシミュレートはしてある。]

オーベールがくるとは限らないが、何通りかのシミュレートはしてある。

Also, it it was about my opponent is frightening, I know that by head.

恐ろしい相手だという事も、頭ではわかっている。

What come after that is only to deal with him in calm manner.

後は、冷静に対処するだけだ。

Though it’s hard to say that it was flawless, there’s no need for excess tension more than necessary …………. that’s how it was supposed to be. [TLC : >はずだ]

万全とは言いがたいが、それでも必要以上に緊張する必要は無い……はずだ。

Instead, it’s better to relaxing during this stage now ………………. that’s how it was supposed to be. [TLC : >はずだ]

むしろ、今の段階ではリラックスしておいた方がいい……はずだ。

「Just in case, keep this」

「一応、これを持っておけ」

Orsted taking out several bundle of paper from his bosom.

オルステッドは、懐から数枚の紙束を取り出した。

it was painted scrolls of complex magic circle.

複雑な魔法陣の描かれたスクロールだった。

「it’s magic circle of king class healing magic. Since you say that you can’t use it* and can use it** only till advance healing magic. Use this in critical moment」         [TL : Rudy only mastered healing magic till advance level, and still no progress beyond that]

「王級治癒魔術の魔法陣だ。お前は治癒魔術を上級までしか使えないと言っていたからな。いざという時には、それを使え」

「……yes」

「……はい」

healing magic of the king class, I wonder how far it will be healed?.

王級の治癒魔術は、どこまで治るんだったか。

Could it also regenerating something like missing limbs?.

腕とか欠損しても、再生できるんだったっけか。

The evasion and the defence power of mine and then, the offensive capability of my opponent.

俺の防御力と回避力、そして相手の攻撃力。

When using that as base, maybe it was better to have this much resilience.

それを踏まえると、これぐらいの回復力はあった方がいいだろう。

「So magic circle also including king class healing magic」

「王級の治癒魔術にも魔法陣ってあるんですね」

「Most magic in this world can reproduced in magic circle」

「この世界にあるほとんどの魔術は魔法陣で再現が可能だ」

「Did you say …………… most, then is there some that can’t?」

「ほとんど……ってことは、再現できないものも?

「Only inherent magic that need special invocation method, tha’t the only one that impossible」

「特殊な発動方式を持つ固有魔術は、その限りではない」

「For example?」

「例えば?

「Howling magic used by the beast race, gravity magic used by dragon kin…………. This type of magic that I can’t understand the principle behind it, can’t be reproduced*」[TL : not dragon King like Pergius I assume, more like REAL dragon]     [TLC* : そういったものは、理を解せねば、使う事はできない」]

「獣族の使う吠魔術、王竜の使う重力魔術……。

そういったものは、理を解せねば、使う事はできない」

Howling magic is sound magic that I use to call my fellow. [TLC : 吠魔術ってのは、俺が音声魔術って呼んでる奴か。]

吠魔術ってのは、俺が音声魔術って呼んでる奴か。

Though it’s not satisfactorily, I also can at least surprise my opponent.

一応、俺も相手をびっくりさせる位はできるんだよな。

Since it’s only possible to surprise the opponent by using a loud voice, [TLC : I stuck with the rest sentence —> 大声で相手がビクッとなるだけだから、魔術としての体を為しているかどうか微妙なところだが。]

大声で相手がビクッとなるだけだから、魔術としての体を為しているかどうか微妙なところだが。

「Though I heard that the you from the future mastered gravity magic, Maybe, you need considerable amoung of time till you can handle that. It need research, understanding, and time for practicing it」

「未来のお前は重力魔術を使いこなしていたと聞くが、おそらく、それを使いこなすまでに相当の時間を要しただろう。研究と、理解と、訓練の時間だ」

「……Orsted-sama, I heard that you can use all arts. Can you also use gravity magic?          」

「……オルステッド様は、すべての術を使えると聞きました。重力魔術も使えるのですか?

「Yes. That magic isn’t easy one to handle」

ああ。 あまり使い勝手のいいものではないがな」

Oh, handling huh?

おお、使えるのか。

it’s as expected.

流石だな。

「………… So you can’t use it since you born, as I thought, did you learnt it one by one?」

「……生まれた時から使えたわけではなく、やはりそうやって一つずつ、覚えていったのですか?

「That’s right」

「そうだ」

I see, so that was it.

なるほどね。

At the present, though I can’t imagine the principle even if I hear that I can do it.

現時点では、できると聞いても原理の想像すらできないが。

I will be spending a long time thinking about it’s nature then unravelling anti-gravity. [TLC : 長い時間を掛ければ、自然と思いつくものなんかね、反重力とかそういうのは。]

長い時間を掛ければ、自然と思いつくものなんかね、反重力とかそういうのは。

Well, now is tidying up the matter in front of me rather than pursuing the matter that I don’t know whether or not I can do it.

まあ、出来るかどうかわからないものを追求するより、今は目の前の事を片付けよう。

Just like that shifting my gaze to the surrounding, maybe it’s fine to spend a little more time.

そういう方面に目を向けるのは、もっと余裕のある時でいいだろう。

Yosh.

よし。

Should I ………….. ask the matter about Luke.

あと聞くべきことは……ルークの事か。

「Come to think of it Orsted-sama. Supposing that Luke was apostle of Hitogami, the one who will judge whether he will life or die is me right? 」

「そういえば、オルステッド様。もしルークがヒトガミの使徒だとして、俺に生殺与奪の判断をくれましたよね?

「Yes」

「ああ」

「If I’m failed to kill him, but Ariel princess become the king, what will become of him?」

「もしそれで殺さず、アリエル王女を王にすることができたら、彼はどうなるんですか?

「There’s no need to do anything in that case, it seems during that time that fellow also released from the curse of Hitogami」

「どうにもならん、その時には、奴もヒトガミの呪縛から逃れているだろう」

「Apostle of Hitogami is consisting as three person right? Is it okay to leave him as it is? 」

「ヒトガミの使徒は三人までなんですよね? 放置しておいて大丈夫なのでしょうか?

「No problem, till the result of the future vision of that fellow appear, that person will be used as apostle of Hitogami 」 [TLC : 「問題ない、人間がヒトガミの使徒でいられるのは、奴の未来予知の結果が出るまでだ」]

「問題ない、人間がヒトガミの使徒でいられるのは、奴の未来予知の結果が出るまでだ」

Till the result of future vision appeared?

未来予知の結果が出るまで?

Oyoy Boss, I wish you tell me sooner abot such important matter.

おいおいオヤブン、そういう大事な事は、もっと早く言っといてほしいな。

What do you mean by saying that, is that mean there’s also a possibility that the apostle situation change in the middle of battle?

するってぇとなにかい、戦いの最中で使徒が変化するって事態もありうるわけかい?

「And then, the future vision of that fellow have a certain turning point that become the boundary.   In this case is whether or not Ariel become a king and defeating Gravell and Darius, or something like that」 [TLC : 今回の場合は、アリエルがグラーヴェルとダリウスを退けて王となるか否か、といった所か」]

「そして、奴の未来予知は、ある転換点が境となる。今回の場合は、アリエルがグラーヴェルとダリウスを退けて王となるか否か、といった所か」

「Is the apostle won’t change till then?      」

「それまで、使徒は変化しない、と?

「Yes」

「ああ」

Mu, since it will become important matter later…………..

むぅ、大事なことを後になってから……。

Oh, Whatever.

まあいい。

Let’s say that knowing that is already better.

知れただけでもいいとしよう。

Till I finished with this matter, the apostle won’t be changed.

この一件が終わるまでは、使徒は変わらない。

On the contrary, after finished with this matter, the is that the apostle won’t automatically dissapear. [TLC : 逆にいうと、その一件が終わってしまえば、自動的に使徒ではなくなる、という事だ。]

逆にいうと、その一件が終わってしまえば、自動的に使徒ではなくなる、という事だ。

Well, though there’s possibility of someone become apostle twice remained.

まあ、再度使徒にされる可能性は残っているが。

And then from the way Orsted speak about that matter.

そしてオルステッドの口ぶりからするに、

Even if the apostle die, until the result of that future vision come out, the apostle restriction remained as it is.

その未来予知の結果が出るまでに使徒が死んでも、使徒枠は残ったままなのだ。

I see, so this is why I must kill.

なるほど、殺せというわけだ。

「……Well then, I will going back first. Since it will raise a suspicion if I’m too late」

「……では、戻ります。あまり遅くなると、不審に思われますので」

「I see」

「わかった」

That words marking the end of regular contact with Orsted.

そう言って、オルステッドとの定時連絡を終えた。

I return to the bonfire with quick pace then reporting that there’s no abnormality in the surrounding area.

足早に焚き火へと戻り、周囲に異常が無いことを報告。

After changing the watch shift on time, I slip into my blanket.

時間通りに交代し、毛布にもぐりこんだ。

Thus, the first day of the journey toward Asura kingdom passed by.

こうして、アスラ王国への旅の初日は過ぎていった。

15 thoughts on “RE-MT 176 [Incognito Janai]

  1. Ehm… really, Mushoku Tensei was finished a lot of time ago, you can find the whole project on Baka-Tsuki, and furthermore I think they even did a pretty good job, no need for better quality translations.

    Of course the time is purely yours, so you’re free to do whatever you want, I’m just saying this in the remote possibility you didn’t know ^_^

    Like

  2. Ah, so are some of the MTL’ed Mushoku Tensei chapters being properly translated now? I gave up on it after seeing the poor quality of the chapters last year. Might do a re-run starting from chapter 1 if that’s the case.

    Like

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s